プロフィール

コリドラス

Author:コリドラス
神戸に浮かぶ人工の島、六甲アイランドに住んでいます。
六甲アイランドのおすすめショップ、おすすめスポット、グルメの最新情報を送ります。
また、自転車ポタリング、キャンプアウトドア情報も一緒にどうぞ。


最新記事


最新コメント


リンク


最新トラックバック


月別アーカイブ


全記事表示リンク


Google Adsence


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:エコロジー&エコノミー
インフルエンザの予防接種のシーズンですね。
六甲アイランドの医院にて、子供の接種をしたのですが、金額は以下のとおりでした。
13歳未満は神戸市の補助にて、3000円。
それ以外は(老人は別)、4080円。
この値段は、神戸市全体で同じらしい。

しかし、西宮市の阪急夙川駅近くのはしもと医院は、大人でも3000円です。
ペアで接種をうけると、1人500円割引(2人で1000円引き)という、
お得な(?)セットもあります。

家族で受けると結構な金額になるので、時間があれば夙川までゆくとよいでしょう。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:六甲アイランド

 

 

久しぶりに記事を書いてみよう。
自宅の鍵を、とある事情で盗まれてしまい、それをつかって侵入を試みられた痕跡があった。 (気味が悪い。)

実際には、いろいろセキュリティがあるので、侵入を防げたわけだが、 あらためて、セキュリティ対策(防犯対策)の重要性を思い知らされた。
さて、今回のことを反省し、一層セキュリティレベルを上げることにした。 まずは、鍵の交換は必須となる。
鍵の交換は、こちらの 鍵の鉄人 さんのところで手配し、自分で交換した。 説明通りにやれば素人でも結構簡単に交換できた。



さらに、その鍵穴をカバーする補助錠もつけてみた。 これは、鍵穴自体にカバーをかける構造なため、実際にピッキング対策などの効果もさることながら、 外観があきらかにイカツイ。

侵入者のやる気を削ぐ効果も相当ありそうだ。 (<=これが大事)

その他にも、幾つか強力な対策を実施した。 (これは、ここでは秘密ってことで。)

今回、警察の皆さんにもお出ましいただき、重点パトロール地点にもして頂きました。
警察のみなさん、ありがとうございました。

今回の件で、セキュリティ対策は、とっても大事だなと実感しました。
皆様も参考にしてみてください。

 

 

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:六甲アイランド

 

 

7月24日(土曜日)、猛暑が続くなか、各地では熱中症で亡くなる人のニュースが絶えません。

子供にせがまれて、六甲アイランドのプール施設「デカパトス」に行ってきました。

程々の込み具合で、スライダーも10分~15分程度で、なんども滑れました。

あー、六甲アイランドも夏本番ですね。

デカパトス

 

 

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:六甲アイランド

 

 

 

 

最近、Nike+によるジョギングにはまっています。

とくに、六甲アイランドのシティーヒルは、楽しくお手軽にジョギングができます。

信号もなく、車道とも独立しているので、止まることなく自分のペースで走れますし、夜はマリンパークの夜景、昼間は、梅、桜を眺めながらの一周コースは飽きません。

この一周コースは、全長5kmと言われてるのですが、Nike+のセンサーで実際に走ってみると、5kmを100m~200mほどオーバーするのです。

最初は、センサーの誤差と思い、何度も調整をしたのですが、うまくあわせられないのです。

何度か走るうち、アイランド北口駅付近で大きくずれることがわかり、そのあたりを調べてみて、その理由がわかりました。

5kmコースのスタートと、ゴールの位置が、離れているのです。

小磯良平美術館の裏側にスタート地点があり、アイランド北口駅の橋の手前にゴールの看板がありました。

このゴールの看板が、植え込みで見えにくくなっています。

 kitaguchi.jpg

 地図で、スタートとゴールの差を測ると160mで、センサーの値と一致しました。

ということで、シティーヒル1周は、5160mあります。

 

 

タグ : 六甲アイランド シティヒル 1周 ジョギング

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:自転車気楽旅

  

 

    2009年10月9日朝6:30。昨夜、ゆっくりさせてもらった[ホテルなはり」を出発します。

朝食は早朝のため取れず。

まあ、コンビニでもあるだろうよと、軽い気持ちで出発です。

今日は快晴。自転車は早朝の交通量の少ない国道55号線を、室戸岬を目指し、平均時速20Kmオーバーのペースで快走します。

 海沿いの道は、朝日を浴びてとても気持ちよく、遠くに室戸岬が見えます。

 misaki.jpg

「あそこが、先っぽだな。」

はるか先に、岬が見えます。

 

8時ちょうど。本日の走行距離、29,71Kmで室戸岬へ到着します。

だれもいません。気持ちの良い岬です。(ほんとうに、誰もいません。)

misaki2.jpg 

misaki3.jpg

 

misaki4.jpg

 

早朝なせいか、ここまでオープンしているお店は皆無。朝飯を食いそびれて30Km近く走ってしまいました。

ここで30分ほど、休憩兼、観光ということで、そのあたりを散策しました。

しかし、潔いほど、何もありません

 

さて、だんだん、朝飯を求めて走るような雰囲気になりつつあり、何もない室戸岬を後に、進路を北西に向けて走り出します。

途中、ディープシーワールドという、テーマパークっぽい、道の駅を見つけて入るのですが、まだ営業時間になっておらず、パスします。

地図を見ると、ここからゴールまで、ろくに町がありません。

こりゃだめだ。あきらめて、途中で自転車を止め、リュックに入った昨夜おつまみに購入した、チョコレートとおにぎりせんべいを10枚程度一気食いして、朝飯代わりにします。

室戸岬へ向かうお遍路さんが何組か こちらの様子み伺いながら、歩いてゆきます。

「早朝からおにぎりせんべいを貪り食う、なぞの中年。」と見えていることでしょう。

北東方向に向かう、室戸岬からの道は、非常にデコボコが多くてつらいだけでなく、この日は向かい風が強く、平均速度は12~15Kmまで大幅にダウンします。

最初は感動した右側に海が見える風景も、ほとんど変わらない風景が何十キロも続き、まったく進んでいる気がしない、精神的にもかなりきついコースでした。

(逆向きなら、海を見ながら快走する快適コースなんでしょうが。。。)

 

室戸岬から、徳島県までの県境までの約40Kmの記憶は、ひたすら風をこらえて走ったことしか覚えていません。

やっと、徳島県に入ったところから、急に道が良くなります。このあたり、徳島県と高知県の豊かさの差がでているんでしょうね。

徳島に入ったところから、約10Kmはしったところ、急に、JR四国 牟岐線の終点駅、海部駅が見えました。

11時15分ごろでした。

ゴールです。あっけないゴール。

2007年10月、ちょうど2年前にピリオドを打った、海部駅に到着です。

kaihu.jpg 

2年前と同じ場所、同じ角度から最後の写真をとりました。

しばし、ゴールの感動をひとりかみしめます。

(またまた、挙動不審な危ない中年に見えていることでしょう。)

 

ここから、近所に見つけたスーパーで、弁当、ビール、ジュースを買い込み、海部駅近くの高速バスのバス停に向かいます。

ちょうど、11時31分に神戸経由大阪行きのバスがでるので、これに乗り込むため、急ぎます。

すっかりなれた、自転車の分解、バッグへの詰め込みを行い、バスに乗り込み、15時過ぎにJR舞子駅、そこからJRに乗り換え、JR住吉駅までゆき、そこから自宅までは再び、自転車で帰宅しました。

 

 

感想:

無心になって自転車で走り続けることの楽しさを知りました。

また、お遍路さんをはじめ、四国を回る人たちを暖かく迎えてくれた四国もすばらしかったです。

この地だからこそ、この自転車旅行が楽しかったのかもしれません。

それは自転車かもしれないし、徒歩かもしれませんが、また、きっと、四国を回ると思います。

 

完結編の第一日は、こちらへ

 

本日の走行距離:84.44Km(自宅まで)、79.91Km(JR海部駅まで)

この2日間での走行距離:221.12Km

 map2.jpg

 

四国一周で走行した距離:863.85Km

要した日数:9日間

4泊5日(2007年5月) + 1泊2日(2007年10月) + 1泊2日(2009年10月)

 

 

 

 

| BLOG TOP |

copyright © 神戸と六甲アイランドをぶーらぶら all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。