プロフィール

コリドラス

Author:コリドラス
神戸に浮かぶ人工の島、六甲アイランドに住んでいます。
六甲アイランドのおすすめショップ、おすすめスポット、グルメの最新情報を送ります。
また、自転車ポタリング、キャンプアウトドア情報も一緒にどうぞ。


最新記事


最新コメント


リンク


最新トラックバック


月別アーカイブ


全記事表示リンク


Google Adsence


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:自転車気楽旅

  

 

    2009年10月9日朝6:30。昨夜、ゆっくりさせてもらった[ホテルなはり」を出発します。

朝食は早朝のため取れず。

まあ、コンビニでもあるだろうよと、軽い気持ちで出発です。

今日は快晴。自転車は早朝の交通量の少ない国道55号線を、室戸岬を目指し、平均時速20Kmオーバーのペースで快走します。

 海沿いの道は、朝日を浴びてとても気持ちよく、遠くに室戸岬が見えます。

 misaki.jpg

「あそこが、先っぽだな。」

はるか先に、岬が見えます。

 

8時ちょうど。本日の走行距離、29,71Kmで室戸岬へ到着します。

だれもいません。気持ちの良い岬です。(ほんとうに、誰もいません。)

misaki2.jpg 

misaki3.jpg

 

misaki4.jpg

 

早朝なせいか、ここまでオープンしているお店は皆無。朝飯を食いそびれて30Km近く走ってしまいました。

ここで30分ほど、休憩兼、観光ということで、そのあたりを散策しました。

しかし、潔いほど、何もありません

 

さて、だんだん、朝飯を求めて走るような雰囲気になりつつあり、何もない室戸岬を後に、進路を北西に向けて走り出します。

途中、ディープシーワールドという、テーマパークっぽい、道の駅を見つけて入るのですが、まだ営業時間になっておらず、パスします。

地図を見ると、ここからゴールまで、ろくに町がありません。

こりゃだめだ。あきらめて、途中で自転車を止め、リュックに入った昨夜おつまみに購入した、チョコレートとおにぎりせんべいを10枚程度一気食いして、朝飯代わりにします。

室戸岬へ向かうお遍路さんが何組か こちらの様子み伺いながら、歩いてゆきます。

「早朝からおにぎりせんべいを貪り食う、なぞの中年。」と見えていることでしょう。

北東方向に向かう、室戸岬からの道は、非常にデコボコが多くてつらいだけでなく、この日は向かい風が強く、平均速度は12~15Kmまで大幅にダウンします。

最初は感動した右側に海が見える風景も、ほとんど変わらない風景が何十キロも続き、まったく進んでいる気がしない、精神的にもかなりきついコースでした。

(逆向きなら、海を見ながら快走する快適コースなんでしょうが。。。)

 

室戸岬から、徳島県までの県境までの約40Kmの記憶は、ひたすら風をこらえて走ったことしか覚えていません。

やっと、徳島県に入ったところから、急に道が良くなります。このあたり、徳島県と高知県の豊かさの差がでているんでしょうね。

徳島に入ったところから、約10Kmはしったところ、急に、JR四国 牟岐線の終点駅、海部駅が見えました。

11時15分ごろでした。

ゴールです。あっけないゴール。

2007年10月、ちょうど2年前にピリオドを打った、海部駅に到着です。

kaihu.jpg 

2年前と同じ場所、同じ角度から最後の写真をとりました。

しばし、ゴールの感動をひとりかみしめます。

(またまた、挙動不審な危ない中年に見えていることでしょう。)

 

ここから、近所に見つけたスーパーで、弁当、ビール、ジュースを買い込み、海部駅近くの高速バスのバス停に向かいます。

ちょうど、11時31分に神戸経由大阪行きのバスがでるので、これに乗り込むため、急ぎます。

すっかりなれた、自転車の分解、バッグへの詰め込みを行い、バスに乗り込み、15時過ぎにJR舞子駅、そこからJRに乗り換え、JR住吉駅までゆき、そこから自宅までは再び、自転車で帰宅しました。

 

 

感想:

無心になって自転車で走り続けることの楽しさを知りました。

また、お遍路さんをはじめ、四国を回る人たちを暖かく迎えてくれた四国もすばらしかったです。

この地だからこそ、この自転車旅行が楽しかったのかもしれません。

それは自転車かもしれないし、徒歩かもしれませんが、また、きっと、四国を回ると思います。

 

完結編の第一日は、こちらへ

 

本日の走行距離:84.44Km(自宅まで)、79.91Km(JR海部駅まで)

この2日間での走行距離:221.12Km

 map2.jpg

 

四国一周で走行した距離:863.85Km

要した日数:9日間

4泊5日(2007年5月) + 1泊2日(2007年10月) + 1泊2日(2009年10月)

 

 

 

 

スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:自転車気楽旅

 

 

 2009年10月8日夜10時。ずーっと暖めてきた計画を今夜実行することになり、少々興奮気味です。

明日金曜は、会社を休み、都合9日~12日までの4連休。

そのうちの最初の2日を使って、ついに四国1周自転車の旅の完結編を敢行することになりました。

 

2007年のGWから始まった四国1周の旅、このときは高松をスタートし、反時計回りに4泊5日を費やし、高知県四万十町の窪川駅で終了しました。

次に2007年の10月に、再び、高松をスタートして、時計回りに進み、1泊2日で徳島県の南東端海陽町の海部駅で終了しています。

そして、残りがこの期間、高知県の窪川駅から、高知県の海岸部を反時計回りに、高知市、室戸岬を経て、高知県・徳島県境を越えてすぐの海部までの、約200kmです。

 

これを今回、1泊2日でクリアーするのが今回の計画なのです。

 

会社を19時ごろ退社して、帰宅。夕食をとった後、そそくさと旅支度を始めます。

まずは、0時55分三ノ宮発のジャンボフェリー高松行きに乗ります。

11時30分頃、自転車で自宅を出発すると10kmの道のりを約30分ぐらいで新港埠頭のフェリー乗り場に到着します。

今回の愛車は、数ヶ月前に購入した、ジェーミスのオーロラ号です。ロードバイクでありながら、700x32のやや太目のタイヤ、トゥークリップ付き、クロモリのフレームという、長距離旅仕様の自転車です。

 

フェリーターミナルで、乗り込みを待っていると、やはり自転車で四国を回っているおじさんと話し込みました。このおじさん、すでに自転車で四国遍路の5周目、自転車は3代目というつわもの。お年はほぼ70歳なのですが、テント、シェラフなどを野宿対応もばっちりなクロスバイクに様々な旅の工夫をご自身でされているので、早速尊敬の眼差しで、色々教えてもらいます。

 

フェリーは時間通り朝5時に高松港に到着しました。

takamatuko.jpg

この時期、朝五時は真夜中です。そこから自転車で5km、約15分で高松駅まで移動します。

ここで、自転車を輪行バッグに収めて、6時5分発の高松発中村行きの特急「しまんと1号」を待ちます。

takamatu_station.jpg 

「しまんと1号」の自由席はがらがらで、お客は1両に2名程度。どこでも座り放題です。

特急座席の一番最後尾の座席とデッキの間にちょうど、自転車がうまく格納できました。

場所はここです。

tokkyu.jpg 

その後は、うつらうつらと、眠るうちに窪川駅に10時前に到着。

早速、自転車を組みなおして、10時過ぎに出発します。

そうだ、2年前、ここで自転車をばらして帰ったんだよなと記憶がよみがえります。

kubokawa.jpg 

ここまでに、自宅-神戸港、高松港-高松駅間での移動で14.8kmを移動しています。

11時45分ごろ、須崎市に到着。

国道56号沿いの道の駅「かわうその里すさき」で早めの昼食をとります。この須崎市は鍋焼きラーメンが名物らしく、この道の駅にも「鍋焼きラーメン」ののぼりが立っています。

しかし、メニューを見ると、今日の日替わり定食がすごくボリュームたっぷりでお安いのです。(ローストビーフ、サーモンのバター焼き、山盛りのツナサラダがおかずについて、880円)。

朝から腹ペコなため、高カロリーな日替わり定食の勝ちでした。うまかった。

ここで47.29kmです。

ここから、国道56号とは一旦離れて、県道23号の浦ノ内湾沿いに宇佐まで、そこから太平洋沿いを桂浜を経て、高知竜馬空港近くで国道55号に合流するコースを取ります。

高知竜馬空港近くの物部川大橋でちょうど走行距離100kmを突破しました。(15時15分ごろ)

なかなか好調です。このペースなら行けそうだということで、奈半利町のホテルなはりを今宵の宿に予約して進みます。

しかし、ここからお尻も痛く、身体も全身が痛く、だるく、日没を越えても、まだ奈半利につきません。

つらい中、やっと18時にホテルに着きました。

このホテル。お遍路さんや自転車旅の人には最高ではないでしょうか?

私は、電話で最も安い部屋をお願いしたところ、窓の外は他のビルの壁でまったく明かりが取れないという条件でしたが、宿代は3700円。部屋は普通にきれいですしアメニティも普通にあります。風呂は檜風呂に露天風呂まであってキレイでとても3700円とは思えないレベルです。

 

 


ホテル なはり

お風呂でゆっくり疲れを癒せました。ホテルのレストランでは、なはりの名物のマグロ料理が本当にリーズナブルにおいしくいただけます。

本日の走行距離(港までの移動も含む) 141.21km (ちょっとがんばりすぎです。)

移動経路は以下のとおり。

map1.jpg 

 

 

 

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:自転車気楽旅
阪急御影北側へポタリング自転車ぶらぶら)にいきました。

 

 

JR住吉へ行く用事のついでに、阪急御影から北方面をぶらついて見ました。

阪急御影の北側というのは、どこへも通り抜けられない、どん詰まりのエリアのため、今まで行ったことがない未知のエリアなのです。

 

まずは、阪急神戸線を御影駅横で北側へ抜けると、深田池ってのがあります。

釣りをしている人を横に通り過ぎると、いきなりキッツイ上り坂になります。

すっかり、山登りです。

ゼイゼイいいながら上りきったところに、大きくて歴史のありそうな建物の前に出てきます。

甲南病院だそうです。病院の前あたりはやや緩やかになるのですが、

そこから先が今まで見たことがない風景に出会います。

 

未体験な急な坂がまっすぐ空に向かって伸びているのです。

 

 

とても、住宅地にあるような勾配とは思えません。また、峠の山道のようなクネクネ道ではなく、まっすぐ空に向かっているのです。

 


大きな地図で見る

 

この道の勾配は、この写真(道路を横方向に見たところ)で見てください。

Image061.jpg 

家1軒分の幅で、車1台分以上の高低差があります。

下方向はこんな感じ。

Image062.jpg 

ここはさすがに自転車を押して登りました。

 

ここの坂の最後あたりには、大きな豪邸が左側に見えます。

インドネシア総領事公邸だそうです。神戸らしいですね。

 

その後、登り続けると、団地街(渦森台2丁目)、住宅街(渦森台3、4丁目)があります。

ここまで、神戸市バスがあがってきているようです。

こんな高いところまでバスって登れるんですね。

 

そして、もっとも高い位置まで行ききったところに、渦森台展望公園があります。

この公園から先は、登山道になっており六甲山頂へいけるようですが、自転車ではムリです。

公園からの眺めは、大阪はもちろん、和歌山方面まで見えます。

IMG_1174.jpg 

(↑この写真はクリックすると拡大表示されます。右側に六甲アイランドが見えます)

 

また、公園から一旦下がって、別の道を登った端っこには、神社がありました。

IMG_1176.jpg 

本住吉神社奥宮とありました。

JR住吉駅近くにある本住吉神社が本宮のようです。

山の中にあり、ひとけがまったくないので、神聖な気配があります。

しかし実は、この社の遥か下は、ちょうどトンネルになっていて、山陽新幹線がバンバン走っているんですよ。

 

このあたり、標高は300m程度なので、六甲山の1/3ぐらいまで登ったことになります。

 

ここからは、引き返して下ります。

 

ブレーキが壊れるぐらいブレーキを掛けつづけます。

 

下るというよりは、落ちるという感覚ですね。

IMG_1175.jpg  

住宅街を走りながらも、前方には港の景色が見えます。これも神戸らしい風景です。

 

そして、神戸大付属中学・小学校の前をとおり、阪急御影まではすぐです。

 

香雪美術館、蘇州園、弓弦羽神社の界隈は、みどりが深く静寂な邸宅街で、とてもよい雰囲気です。

 

六甲アイランドの近場にも、こんなに良いところがありました。

 エクササイズと森林浴、散策が楽しめました。

 

 

走行時間、約2時間、走行距離22.67km。

 

タグ : 自転車 ポタリング 阪急御影

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:自転車気楽旅

 

 

2007年10月6日、6時20分から走行開始。国道55号をひたすら南下。
最初は海岸沿いを快走するが、しだいに山道へ。
阿波福井駅を過ぎたあたりで、いい加減に山道に飽きてきた。地図を見て、県道25号へ入り、海沿いで日和佐へ。
実はこのルート、めちゃくちゃgood。今まで四国を走ってきた中で間違いなくNo.1です。
ほとんど車の走らない細い道。漁村の路地裏みたいなところから、港、砂浜、海沿いから緩やかに山を登って、今度はすばらしい海の風景を見下ろす。

下りも、漕がずにいつまでも海と山を眺めながら空を飛ぶような感覚で下れます。
超おすすめです。

kaigan.jpg
田井ノ浜駅での1枚


日和佐からは、南阿波サンラインと呼ばれるルート。かなり山の高いところを海を見ながら走ります。
勾配が10%の急坂が何回か出てきてかなり疲れるが、眺めは本当に最高です
sunline.jpg

サンラインでの1枚 


途中、野生のサルや猫にであったり、あきません。

牟岐の集落で再び55号に合流。そのまま南下を続け、高知県の県境に近い牟岐線の終着駅である海部駅で走行おしまい。
到着は12時前。走行距離は73.96km。(室戸まで後53km)

近くのヤマトの集配センターに乗り付けて、サイクリングヤマト便で自宅に自転車を送る。
愛車escape号とは、ここでお別れ。
今回も文句も言わず、よく走ってくれました。(一回チェーン外れたけど)

後は手ぶらで、列車とバスを乗り継いで自宅へ。自宅には17時前には到着。
徳島南部は期待以上によいところでした。

総走行距離は188.47km。

残るは、高知四万十町の窪川駅から、徳島県の海部駅まで約200km。
今年中に行けるだろうか?

 map.jpg

 




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:自転車気楽旅

10月5日

今日から会社はなぜか金土日の三連休です。

木曜夜に、出張先の東京から帰宅したところふと気がついた。

そうだ、四国へ行こう。

さっそく、準備をしたり時刻表を見たりする。

0時30分の神戸発高松行きのフェリーにのれば、明朝4時30分高松着。

高松港から高松駅に向かって6時発の特急にのれば、なんと窪川には10時前に着く。

これなら前回の続きをできるじゃないか。

あわてて、荷造りして11時ごろに家を出ようとすると、急に土砂降り。

まじか?

カッパ着てゆくかと思って、「行くぞー」と吠えていたら、「馬鹿なことするなぁ」と嫁に止められた。

そのうち、大雨洪水注意報まで出てきた。あきらめてそのまま就寝。

しかし、翌朝5時におきて6時発のフェリーで高松へ。

一応、旅行は2日間を予定する。

今から窪川に向かって輪行しても、昼過ぎになるし「どーすりゃいいんだ」と船中はひたすらプランニングを繰り返す。

10時前に高松に着いた。

結局、前回とは逆に東方向(徳島方面)へ向かうことにした。

 高松到着後、朝ごはんとして、四国村の「わらや」さんにて、生醤油うどんといなり寿司を食べた。

waraya1.jpg

 waraya2.jpg

そのまま、国道11号を徳島を目指す。
今回は1泊2日の予定なので、テントなし、寝袋なしで軽快。

そのうち、津田の松原あたりでポツポツ雨が降ってきたが、無視して走り続ける。
気合が通じたか、雨は本降りにならず、青空が広がってきた。
11号線はたいしたアップダウンもなく、軽快に進める。
鳴門市に1時過ぎに到着し、昼もセルフのうどんやでぶっ掛け。
徳島といえども安くてうまい。恐るべし四国。

徳島には3時ごろ到着。走行距離は70キロぐらい。

今日はどこまで行くべきか?と迷いながらも、そのまま進む。
今度は国道55号を南下。看板には、室戸岬150kmの文字。

おおー室戸へだんだん行きたくなってきたが、今回は無理だな。

5時ごろに阿南市へ到着。今日はここまでだなと思い、ビジネスホテルなどを探し適当なホテルで泊。夜は近所の焼き鳥やで、一人生ビールと焼き鳥で夕食。

初日の走行距離は114.51km。見所はあまりなく、両膝が痛いが、久しぶりに自転車に乗ってやはり面白いなぁと感動した。

map.jpg




| BLOG TOP |

copyright © 神戸と六甲アイランドをぶーらぶら all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。