プロフィール

コリドラス

Author:コリドラス
神戸に浮かぶ人工の島、六甲アイランドに住んでいます。
六甲アイランドのおすすめショップ、おすすめスポット、グルメの最新情報を送ります。
また、自転車ポタリング、キャンプアウトドア情報も一緒にどうぞ。


最新記事


最新コメント


リンク


最新トラックバック


月別アーカイブ


全記事表示リンク


Google Adsence


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ぶらっと一人旅
ぶらっと、北海道へきています。 (第二日)

 

 



今日は、朝からずーっと列車に揺られています。


ホテルを5時40分チェックアウト。まだ、真っ暗です。
Image010.jpg

札幌駅北口前のコンビニで、今日の朝食(おにぎり2個)と、風邪に負けないようにリポビタンDを仕入れました。

改札で、青春18きっぷに今日の日付印(12月31日)を入れてもらい、6時02分札幌発-旭川行きに乗り込みます。


札幌近辺では、全ボックスに1~2人ぐらいの混み具合だったのが、野幌でボックス占有できるようになりました。快適です。このあたりから、空が明るくなって着ました。

hinode.jpg


9時11分には旭川に到着します。次の列車は、宗谷本線の快速名寄、名寄行き11時15分発。2時間待ち時間があるので、駅周辺を散策しました。

どの店も、朝が早いのか、大晦日なのかわかりませんが、コンビニ以外空いていません。気温は-2度。寒い。

一旦、稚内に行った後、再び旭川に戻ってきて1泊するしかないのに、こんな寂しいところなら、旭川はパスしたほうがいいかもしれません。

30分ほど早めに駅に戻ると、列車はすでにホームについていて、ちょうどドアがあくところでした。ここもボックス占有できるといいなと思ったのですが、出発前にはつり革につかまる人が出るほど満席です。かなりキツイ。

nameplate.jpg


この列車は、三浦綾子の小説「塩狩峠」の舞台、塩狩峠を通過するので、カバンに潜ませていた文庫版「塩狩峠」を車内で読み出しました。

しばらくすると列車のスピードはすごく遅くなり、苦しげなエンジン音を立てながら喘ぐように登っていきます。ここが塩狩峠なんですね。峠らしい峠です。
原生林も山も真っ白で幻想的なところでした。
Image011.jpg

その後、名寄12時35分着。3分乗り換えで稚内行きに乗り換えます。
快速は2両編成でしたが、ここからは1両で進みます。混み具合を心配したのですが、多くの人は名寄で降りてゆきました。しかし、残った人はどうも、鉄ちゃんくさいひとばかりです。

この列車、大きめの駅では、平気で20分~30分も停車してくれます。そのたびに、駅の周りを散歩できるので、気分転換でき飽きません。

souya.jpg
(音威子府駅)

souya2.jpg
(幌延駅)



薄暗くなるころ(幌延の前)あたりで、塩狩峠のクライマックスを迎え涙。。。
この本は何度読んでも泣けます。

すっかり暗くなった16時39分、日本最北端の駅、稚内駅に到着。
これといって何もないところです。本当にお店とか無いです。

今宵の宿も、楽天トラベルからドーミーイン稚内を予約しました。

このホテル。本当にいいです。朝食つきで6500円って、冬の北海道では高めですが。(さらに朝食は元旦日の出バスツアーのためだべられないんだけど。)



周りには、大晦日でもやっている居酒屋1件があるようですが、このホテル、すごく居心地がいいため、もう出かけるのやめちゃいました。

大晦日なので、年越しそばのカップめんをホテルのサービスでいただいたことと、備え付けの作務衣でホテル内はうろつけるし、天然温泉には入り放題だし、洗濯も無料でできるし、マンガも読めるのです。部屋も広いし、奇麗です。

はっきりいって、もう外に出たくないのでした。
いただいた年越しそばと、稚内駅南側200mほどにあるコンビニで購入したおにぎりとウイスキーでささやかな年越しの夕食をいただきました。

明日は、6時から初日の出バスツアーに出かける予定です。

ホテルですっかりくつろぎました。

今日はあまりお金を使わなかったです。

 

 


第一日へ移動。
第三日へ移動。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 神戸と六甲アイランドをぶーらぶら all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。