プロフィール

コリドラス

Author:コリドラス
神戸に浮かぶ人工の島、六甲アイランドに住んでいます。
六甲アイランドのおすすめショップ、おすすめスポット、グルメの最新情報を送ります。
また、自転車ポタリング、キャンプアウトドア情報も一緒にどうぞ。


最新記事


最新コメント


リンク


最新トラックバック


月別アーカイブ


全記事表示リンク


Google Adsence


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:エコロジー&エコノミー

(3)高容量電池への交換

前回までに、ルンバのバッテリーケースに、単三型エネループ12本を直列つなぎでセットしたところ、ほとんど動作しませんでした。

どうも、容量が足りなかったようです。

じゃ、高容量にするかってことで、出張ついでに秋葉原に立ち寄り、秋月電子にて、さらに単三型ニッケル水素電池を12本購入しました。

容量は、2600mahで12本で3120円でした。

さて、これを充電し運転てみました。

「ぱらーぱぱー」との音楽とともに動作し始めましたが、おやおや、すぐに赤ランプでとまります。

2600mahでもだめなのか?

(4)電池の追加

手元にはエネループ12本、秋月で購入したもの12本の合計24本も残ってしまった。

このままあきらめるわけにもいきません。

えーい、ルンバにエネループ12本も背負わせてしまえってことで、改造することにしました。

つまり、バッテリケースには、2600mahの電池12本を入れ、ルンバの背中にエネループ12本を背負わせ、ここからの電源ケーブルをルンバ本体の、バッテリケースからの電源ケーブルに直結して、両者を並列つなぎにしてしまいます。

 ルンバ本体上部のカバーをはずすと、バッテリケースを接続する部分が見えてきます。

この写真の上部がバッテリケースを装着する部分で、その下側に端子が2箇所見えます。

IMG_0482.JPG

ここに、バッテリケースからの14.4Vがくるので、ここから電源ケーブルを分岐させ、ボディの上部に貫通させます。

そこに、秋月で念のために購入した6本用電池ケース(合計220円)を、ボディ上部に接着し、ここに分岐させた電源ケーブルを接続します。

 

IMG_0483.JPG

 

さあ、これで動かしてみました。

「ぱらぱぱー」という音楽とともに、力強く動き出しました。

Lコースで運転してもまったくヘタリません。無事に動作するのです、やったね。

(3)出っ張り対策 

ところが、ボディ上部に電池を設置したおかげで、ボディの厚みが増してしまいました。

そのおかげで、これまでのルンバでぎりぎり掃除できていた家具のしたへは、電池ボックスが引っかかります。

これを回避するために、電池ボックスの前に電池ボックスと同じぐらいのバー(写真の白いもの)をバンパー部分に接着しました。

IMG_0544.JPG

これで、電池ボックスに引っかかるときには、代わりに白いバーが引っかかり、これがバンパー一体となっているので、引っかかる前にルンバは方向転換してくれます。

 その後、ルンバはいい感じで動作してくれています。

充電は、本体内部のバッテリケースの電池は、ルンバ専用の充電器で充電し、背中にしょっている電池は、エネループのチャージャーで充電しています。

 (4)費用

結局、純正バッテリー購入(10500円)と比べてどうだったんでしょうか?

六角レンチ:294円

ネジ:100

エネループ12本:3960円

電池ボックス:720円

2600mah電池12本:3120円

電池ボックス:220円

-------

合計:8414円

材料費的には、2割程度安いだけでした。

でも、今後は電池を手軽に交換できるメリットがあるので、自分としては満足しています。

 

 




スポンサーサイト
コメント

何度か充電したらOKってことはないでしょうか?

はじめまして。



ルンバの電池作製の記事を拝見しました。

自作できてしまうなんて、すばらしい。



ところで、12本×2と並列にしないと、ルンバが動かなかったことです。

先人は並列しなくても、80分以上動作したのに変ですね。



ひょっとして、何度か充電した電池を使ったら、並列しなくても、ルンバが動作しないでしょうか?



下のHPにあるように、何度か充電しないと、発生電圧が低いことがあるようです。



動作しても、電池切れになるのが早いだけなら容量の問題のような気もするのですが、動作できないとなれば電圧不足のような気がします。



一度、エネループを外した時に、ルンバが動作するか試していただけないでしょうか?



勝手なことばかり申し上げてすみません。

すごく興味があって質問してしまいました。



電池のことを勉強中の、たっちゃんでした。



http://www.oct.zaq.ne.jp/i-garage/dimage/newbat.htm#TUGITASHI

Re:何度か充電したらOKってことはないでしょうか?(11/17)

たっちゃんさんへ



はじめまして、コメントいただきありがとうございます。

並列をやめて12本x1で試してみました。

結果なんですが、まったく新品の時と比べると、12本x1でも動作時間は延びています。(不思議だ。)でも、実用可能な時間は動いてくれません。(1分前後)



ですので、やはり容量が少ないようです。

ただ並列化によって、1回の充電で3部屋ぐらいは楽勝で掃除しちゃいますので、12x1で1部屋ぐらい動いてくれてもいいのにとは思います。

Re[1]:何度か充電したらOKってことはないでしょうか?(11/17)

こんばんわ



試験していただき、ありがとうございます。

今、「ルンバ」とCASIOのお風呂TV「XFER」の充電池を、市販の電池で済ませようと挑戦しているので、非常に参考になりました。



教えていただいたように、

並列にすると実用的な時間が使えて、

12本×1では1分しか動かないなんて、わからないですね。



電池って難しいですね。



いろいろ調べてみたら、

電池の出力してる電圧って、電池が流している電流によって変わるみたいです。

極端な例では、ほとんど空になった場合でも、電池にテスターをあてて電圧を測る(電流ほぼゼロ)と、高い電圧(ニッケル水素電池で1.3V)を発現するのに、電流を流す(抵抗値の低い抵抗(1Ωぐらい)をつける)と、そんな高い電圧はでないようですね。



ですから、ルンバが動作するときに使う電流を取り出すと、12本×1セットのときに比べて、12本×2セットだと、電池の出力電圧が、12本×1本のときの方が低いと考えられます。



そして、ルンバが運転を続けるかどうかを判定するのに電池の出力している電圧値を用いているとしたら、12本×1セットの方が、12本×2セットよりも、動作を止める電圧にまで電圧が下がるのに達するのがずいぶん早くなるのではないかと思います。

つまり、12本×1セットだと、まだまだ電池に電力量が残っているのに、しきい電圧に早く達してしまうために、ルンバが動作をやめてしまうようですね。


ルンバの電池改造

改造完了しました。



なぜか、エネループ12本で70分動きました。



一方で、単三電池12本が電池ケースに入らなかったので、ケースを蓋だけのこして外してしまいました。

防水はテープで対応。



ルンバの型式が、違うために動いてくれたのかもしれません。


バッテリー再生

はじめまして。お蔭様でバッテリー再生に成功しました。

三角ドライバーは「イクソ」が出しています。ミニカー店で157円で買いました。

苦労したのは接着剤で、彫刻刀でこじ開けました。

中のバッテリーですが、私も秋月電子で3120円で買いました。

電池ボックスBH-321-1Bは40円×6、スナップBS-ICは10円×3でした。

電池ボックスを2つずつ組み合わせ、スナップを切り離して端子単位で用いれば、ハンダ付けの必要もありません。

結果ですが、1回目30分、2回目15分の稼動でした。GP2600だと多少、能力が落ちるのかもしれません。もう少しやってみて、改善しないようなら、別途、充電器を買ってみようと思います。

いずれにしても、かかった費用は3547円でした。時間は大分使いましたが。(^^;


Re:バッテリー再生(11/17)

るんるんるんばさんへ



コメントありがとうございます。

お役に立ててうれしいです。

うちのルンバは、その後も調子よくお掃除してくれています。

一日、2セット運転してもまったく問題なしです。

私も時間はかかりましたが、コレも勉強って割り切っています。





るんるんるんばさん

>はじめまして。お蔭様でバッテリー再生に成功しました。

>三角ドライバーは「イクソ」が出しています。ミニカー店で157円で買いました。

>苦労したのは接着剤で、彫刻刀でこじ開けました。

>中のバッテリーですが、私も秋月電子で3120円で買いました。

>電池ボックスBH-321-1Bは40円×6、スナップBS-ICは10円×3でした。

>電池ボックスを2つずつ組み合わせ、スナップを切り離して端子単位で用いれば、ハンダ付けの必要もありません。

>結果ですが、1回目30分、2回目15分の稼動でした。GP2600だと多少、能力が落ちるのかもしれません。もう少しやってみて、改善しないようなら、別途、充電器を買ってみようと思います。

>いずれにしても、かかった費用は3547円でした。時間は大分使いましたが。(^^;


Re[1]:バッテリー再生(11/17)

takashi728さん



「そちらのルンバは、その後も調子よくお掃除」とのこと、とても心強いです。



こちらは、トラブルに見舞われていました。

内蔵の充電器は今ひとつと思っていたので、充電器も買いましたが、原因は単純で、電池ボックスのマイナス極のバネがへたったためでした。

電池ボックス2個×4を、4個×2に変更して解決しました。すっきりしたため、ルンバの電池ボックスに楽に入るようになりました。

電池ボックス6個×2でも大丈夫かもしれません。今度、やってみようかと思っています。(すっかり、電池ボックスおたくです。)



稼動時間ですが、先代の80分以上にはとても及ばす、30分くらいです。我が家では、それで何とかなります。GP2600×12本だと、そんなものかと思っています。



一方、購入した充電器はキムラタンのQEC-F20で、「あきばおー」で3148円でしたが、これも気に入っています。

この充電器は電池1本ごとの充電が可能で、これで充電すると50分動きます。

もう事業撤退で在庫限りになったそうなので、あわてて買ったのですが、満足しています。



さらに投資額が増え、時間も使ってしまいましたが、これで電池対策は万全になったと安心しています。

Re:お掃除ロボット ルンバ 再生計画 (3)(11/17)

はじめまして



わたしも単三電池12本での改造をこころみたのですが、そもそもまったく充電しませんでした。



本体側の問題なのでしょうかね、、、

陰極、陽極を反対にしているのかなとも思ったのですが、調べてみるとそういうわけでもなさそうです。



もし、なにかこころあたりがあれば教えてください。

とりあえずテスタ買ってきて、ヒューズの断線、

結線不良等無いかのチェックをしてみるつもりですが。



よろしくお願いします。




Re[1]:お掃除ロボット ルンバ 再生計画 (3)(11/17)

けんちゃんさん

コメントありがとうございます。



まったく、充電できないというのはやはり、断線が疑われますね。



他の充電器等で充電した電池を装着し、本体が動くかどうかを調べてみてはどうでしょうか?



これで動くのであれば、断線じゃないことが確認できます。





けんちゃんさん

>はじめまして



>わたしも単三電池12本での改造をこころみたのですが、そもそもまったく充電しませんでした。



>本体側の問題なのでしょうかね、、、

>陰極、陽極を反対にしているのかなとも思ったのですが、調べてみるとそういうわけでもなさそうです。



>もし、なにかこころあたりがあれば教えてください。

>とりあえずテスタ買ってきて、ヒューズの断線、

>結線不良等無いかのチェックをしてみるつもりですが。



>よろしくお願いします。


Re:お掃除ロボット ルンバ 再生計画 (3)(11/17)

早速の返事ありがとうございます。



原因は本体のメモリリセットをしてないことでした。

と、いうことはもしかしてもともとのバッテリーまだ使えたの?という疑問が、、、



充電一回目では1分ほどで動作停止。

これから何回か充放電すれば伸びるのかもしれません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 神戸と六甲アイランドをぶーらぶら all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。