プロフィール

コリドラス

Author:コリドラス
神戸に浮かぶ人工の島、六甲アイランドに住んでいます。
六甲アイランドのおすすめショップ、おすすめスポット、グルメの最新情報を送ります。
また、自転車ポタリング、キャンプアウトドア情報も一緒にどうぞ。


最新記事


最新コメント


リンク


最新トラックバック


月別アーカイブ


全記事表示リンク


Google Adsence


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:自転車気楽旅

 

 

 2009年10月8日夜10時。ずーっと暖めてきた計画を今夜実行することになり、少々興奮気味です。

明日金曜は、会社を休み、都合9日~12日までの4連休。

そのうちの最初の2日を使って、ついに四国1周自転車の旅の完結編を敢行することになりました。

 

2007年のGWから始まった四国1周の旅、このときは高松をスタートし、反時計回りに4泊5日を費やし、高知県四万十町の窪川駅で終了しました。

次に2007年の10月に、再び、高松をスタートして、時計回りに進み、1泊2日で徳島県の南東端海陽町の海部駅で終了しています。

そして、残りがこの期間、高知県の窪川駅から、高知県の海岸部を反時計回りに、高知市、室戸岬を経て、高知県・徳島県境を越えてすぐの海部までの、約200kmです。

 

これを今回、1泊2日でクリアーするのが今回の計画なのです。

 

会社を19時ごろ退社して、帰宅。夕食をとった後、そそくさと旅支度を始めます。

まずは、0時55分三ノ宮発のジャンボフェリー高松行きに乗ります。

11時30分頃、自転車で自宅を出発すると10kmの道のりを約30分ぐらいで新港埠頭のフェリー乗り場に到着します。

今回の愛車は、数ヶ月前に購入した、ジェーミスのオーロラ号です。ロードバイクでありながら、700x32のやや太目のタイヤ、トゥークリップ付き、クロモリのフレームという、長距離旅仕様の自転車です。

 

フェリーターミナルで、乗り込みを待っていると、やはり自転車で四国を回っているおじさんと話し込みました。このおじさん、すでに自転車で四国遍路の5周目、自転車は3代目というつわもの。お年はほぼ70歳なのですが、テント、シェラフなどを野宿対応もばっちりなクロスバイクに様々な旅の工夫をご自身でされているので、早速尊敬の眼差しで、色々教えてもらいます。

 

フェリーは時間通り朝5時に高松港に到着しました。

takamatuko.jpg

この時期、朝五時は真夜中です。そこから自転車で5km、約15分で高松駅まで移動します。

ここで、自転車を輪行バッグに収めて、6時5分発の高松発中村行きの特急「しまんと1号」を待ちます。

takamatu_station.jpg 

「しまんと1号」の自由席はがらがらで、お客は1両に2名程度。どこでも座り放題です。

特急座席の一番最後尾の座席とデッキの間にちょうど、自転車がうまく格納できました。

場所はここです。

tokkyu.jpg 

その後は、うつらうつらと、眠るうちに窪川駅に10時前に到着。

早速、自転車を組みなおして、10時過ぎに出発します。

そうだ、2年前、ここで自転車をばらして帰ったんだよなと記憶がよみがえります。

kubokawa.jpg 

ここまでに、自宅-神戸港、高松港-高松駅間での移動で14.8kmを移動しています。

11時45分ごろ、須崎市に到着。

国道56号沿いの道の駅「かわうその里すさき」で早めの昼食をとります。この須崎市は鍋焼きラーメンが名物らしく、この道の駅にも「鍋焼きラーメン」ののぼりが立っています。

しかし、メニューを見ると、今日の日替わり定食がすごくボリュームたっぷりでお安いのです。(ローストビーフ、サーモンのバター焼き、山盛りのツナサラダがおかずについて、880円)。

朝から腹ペコなため、高カロリーな日替わり定食の勝ちでした。うまかった。

ここで47.29kmです。

ここから、国道56号とは一旦離れて、県道23号の浦ノ内湾沿いに宇佐まで、そこから太平洋沿いを桂浜を経て、高知竜馬空港近くで国道55号に合流するコースを取ります。

高知竜馬空港近くの物部川大橋でちょうど走行距離100kmを突破しました。(15時15分ごろ)

なかなか好調です。このペースなら行けそうだということで、奈半利町のホテルなはりを今宵の宿に予約して進みます。

しかし、ここからお尻も痛く、身体も全身が痛く、だるく、日没を越えても、まだ奈半利につきません。

つらい中、やっと18時にホテルに着きました。

このホテル。お遍路さんや自転車旅の人には最高ではないでしょうか?

私は、電話で最も安い部屋をお願いしたところ、窓の外は他のビルの壁でまったく明かりが取れないという条件でしたが、宿代は3700円。部屋は普通にきれいですしアメニティも普通にあります。風呂は檜風呂に露天風呂まであってキレイでとても3700円とは思えないレベルです。

 

 


ホテル なはり

お風呂でゆっくり疲れを癒せました。ホテルのレストランでは、なはりの名物のマグロ料理が本当にリーズナブルにおいしくいただけます。

本日の走行距離(港までの移動も含む) 141.21km (ちょっとがんばりすぎです。)

移動経路は以下のとおり。

map1.jpg 

 

 

 

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:六甲アイランド

 

 

ウエスト4番街にできた中華のお店「たんぽぽ亭」へ再び行きました。

 以前もご紹介しましたが、ここ旨いです。

お勧めは、「牛肉のXO醤いため」、「麻婆豆腐」です。

 特に麻婆豆腐は絶品です。

本場中国でも旨い麻婆豆腐を何度か食いましたが、そこにまったく引けをとらない。

 こんな近場で、こんな旨いものが食えるなんて、感動です。

ああ、次はいつになったら行けるんだろう。

 

 

 

 

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:キャンプ

新緑のきれいな箕面公園へぶらっと行ってきました。

 

 

 

久しぶりに更新します。

天気もいいので、少し足を伸ばし、箕面の滝へぶらっと行ってきました。

神戸から車で、阪急箕面駅前の駐車場まで約40分。

10時ごろに、箕面の滝に向かって歩き始めます。

滝道といわれる、公園をとおり滝へと続く、メイン道路を進みます。

滝道の周りには、おみやげ物やさんや、茶屋がならび楽しい雰囲気です。

minoo1.jpg 

散歩する人、自転車で行く人など、にぎわっています。

 

小さな子供をつれて、休み休みいくと、小一時間で、滝までたどり着きました。

滝の周りはマイナスイオンが満ちており、涼しいです。

 

 minoo2.jpg

 

minoo4.jpg

 

新緑もとってもきれいでした。

帰り道、おみやげやさんの名物おばあちゃんから、名物「もみじの天ぷら」を購入して食べました。

おばあちゃんは、テレビ各局にも取材されたことがあるらしく、「となりの人間国宝さん」にも認定されてました。

このもみじは、箕面のもみじなの?って聞いたら、これは食用のもみじで、箕面のもみじは観賞用のものだそうです。

地方から食用のもみじをとりよせているといってました。

食用もみじってあるんですね。

 

monoo3.jpg

 

揚げたてを食べましたが、かりんとうのようでおいしかったです。

 

ところで、行く前は、「箕面って言えば」。「弁当とか持っていくと盗られるよな。」と思っていたのですが、いってみると、まったくは見ませんでした。

今は、ができるだけ、箕面公園に出ないように、公園内でえさを与えないように告知したり、えさになる果樹を公園から遠くに植樹したり、色々対策しているらしいです。

もともと野生の動物を、野生の状態に戻す努力のはよいこと。

なんて見えなくとも、箕面公園は十分気持ちのよいところでした。

 

 

 

タグ : 箕面公園 お弁当 もみじの天ぷら

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:六甲アイランド

上品な中華のお店「たんぽぽ亭」オープン。

 

 

 

ウエスト4番街の「しのぶ庵」さんのとなり、郵便局の斜め前に、「たんぽぽ亭」というお店がオープンしました。

 

店の名前から、定食屋さんかな?と思って行ったのですが、中華料理やさんです。

 

酢豚定食を食べたのですが、メイン(酢豚)、本日の一品、スープ、生春巻きとサラダ、ライスで950円でした。

ライス、サラダ、スープはお代わり自由です。

 

さて、味ですが、どの皿もとても美味いです。

丁寧な仕事、上品な味付け、薄いわけでもなく、油っぽくもなく、どのお皿も素材にあわせた程よい味付け、硬さ、暖かさと、普通の家庭では出せないものばかりです。

 

お値段も手ごろで、高評価です。

また、ぜひとも行きたいお店です。

 

末永く繁盛してほしいのですが、いくつか心配な点が。。。

1.外観からお店が、なにやさんかわからないことが、損しているような気がします。

いかにもな中華料理屋さん的である必要はないのですが、何か中華料理屋さんであることが外からわかるワンポイントがあれば、安心して入れると思いますよ。

2.店内でミュージックビデオが大型テレビで流れていますが、これはいらないのでは?

BGMならいいのですが、ビデオクリップはうるさいですね。流すなら環境ビデオぐらいのほうが。

 

六甲アイランドの話題は、こちらにもありますよ。

 

 

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:六甲アイランド

地球深部探査船「ちきゅう」の一般公開

 

 

 

いつからか、べらぼうに高い塔が西側に建ったな、なんだろあれ?

と思っていたら、これ地球深部探査船「ちきゅう」という船だったのです。

 

 11月19日から2月下旬まで、スクリューの故障修理のため六甲アイランドの西側に着岸しているらしい。

 今日は船内の一般公開があるとのことで、昼過ぎに自転車でいってみました。

 

 ところが、着岸しているコンテナ埠頭に行ってみると、これがものすごい長蛇の列。

(下の写真の船の横に、人がたくさん写っている見えます?)

chikyu.jpg 

船に入るまで2時間半以上待つらしい。

待っている人、数千人いるんじゃないだろうか?

 

 うーん、やめた。

 

chikyu2.jpg 

船を外から眺めたあと、マリンパーク、シティーヒルを自転車でぐるっと回って帰りました。

 

暖かいし、天気もよく、自転車で走るのが気持ちよかったです。

 

参考:「ちきゅう」の概要

独立行政法人海洋研究開発機構の地球深部探査船。
地球の歴史、地殻生命体、地震のメカニズムなど
地球内部の調査を行うため2005 年7月に日本で
建造された。水深2,500mの海面で、海底下7,000m
を掘削できる世界最大の能力を持つ。
同船は総トン数57,087 トン、全長210m、幅38m。
船底からの高さ130m※のデリック(掘削やぐら)や
ヘリコプター甲板、研究区画を備えている。

(神戸市のホームページ http://www.city.kobe.jp/cityoffice/39/port/new/press/20081117pp01.pdf より)

 

六甲アイランドの記事は、こちらにもありますよ。

 

 

 

タグ : 六甲アイランド ちきゅう シティーヒル

| BLOG TOP |

copyright © 神戸と六甲アイランドをぶーらぶら all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。